難しいことを簡単に伝える

これって人に伝える仕事をしてたら当たり前のこと。


聞いたことをそのまま伝えると伝わらない。

専門的なことを一般的なことに変換できる能力を高める。

でも専門的なことを言った方が信頼される場面もある。

両方使えたらバッチリですね。

この間行った動物病院の話も全部優しい言葉だったら入ってこなかっただろうなと。

専門性を見せながらもわかりやすい説明をしてくれる事で信頼できる

初対面からいきなり、『フレンチは初心者が買う犬じゃないんだよねー』から始まったので『えっ…』と思いましたが、、、

そこから体の特徴の話(フレンチは胸椎の変異が必ずあるとか、肩関節と股関節の造りの違いなど(2/3は前足荷重らしい))、将来的な話(股関節は手術でよくなる可能性は高いけど、肩関節は難しいから気をつけなくてはいけない)、ワクチンや薬の話(とりあえずもう一生打たなくていいそうです)、食事の話(ペットフードは人間も食わないもんが入ってるんだから犬が食べて体にいいわけがない。とりあえず豚以外の生肉あげときゃいい(笑)まで細かく教えてくれました。

そんなお話をする機会を作るかも。

犬の話じゃないですよー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 加圧トレーニング&リンパケアサロンM's Laboを主催。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。