深呼吸をしてみましょう♪

秋葉原で肩こり改善・パーソナルトレーニング(加圧・リンパケア)を提供しているM’s Laboの根本です。

「深呼吸をしてみましょう」

と言われたら、どこを意識して呼吸しますか?

正解は、どこも意識せず自然に出来ればオッケーです。ただ基本、意識してもらうために深呼吸って言葉を使っているので意識はどうしてもするんですけどね。

「深呼吸をしてみましょう」と言う目的は、

深く呼吸することで、単にリラクゼーション(副交感神経優位)を目的とするだけではなく、普段よりも深く呼吸することで無意識に使っている力みやすい筋肉を見ることやポイント(意識や姿勢など)を変えたら呼吸の入り方がスムーズになるかどうかなどの評価として使ったりします。

スムーズに力みなく、気持ちよく、自然に呼吸ができる状態を作る。

そのためにいくつか意識的にワークをしたりします。例えば、

☆首の後ろがつまらない程度に顎を上げ、喉の前側にスペースを作る。

☆鼻から空気を入れるときに鼻の空間を膨らませて、口から吐くときに半開きでは〜っと口を緩ませる。

☆肋骨は背骨から付いている意識を持って、背中にも空気を入れる。(入りにくかったら、あおむけで前習えをして胸の前側の空間を狭くしてあげたり、少し体をひねって片側の肋骨を膨らませやすくする)


などこんな感じで、一つ一つをその方の体に合わせて言葉をかけたり、ツールを使ったり、手を使って導いたりしながら進めていきます。


呼吸が全て!と考えているわけではないので、あまり時間はかけませんが後半のエクササイズまで繋がる事も多いので大切にしていることの一つです。

——————–
☆からだを緩めて整える、からだが安心できる場所☆
M’s Labo 〜秋葉原オフィス〜

■住所:東京都台東区台東一丁目38-9 イトーピア清洲橋通5階-2

■営業時間:9:00〜20:00

料金表

お問い合わせ

友だち追加

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 加圧トレーニング&リンパケアサロンM's Laboを主催。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。