数字と感覚

体重と体脂肪率を落としたい。
これを目標にしている人がケアを受けた後、細くなったのを実感して衝撃を受けていました。

逆に理想の体重・体脂肪率になったけど、理想の細さになってないという方もいます。

どちらにしても、細くなりたいという方が多いのですが、細いって感覚的な部分が大きい。

ふとももが何センチでふくらはぎが何センチ

と、測ることでその部分が細くなったのを確認はできますが、その人が細いと感じたいポイントって全身を鏡に写した時の姿なんです。

ふとももが何センチ細くなってもおしりのボリュームが一緒に落ちていたり、ウエストが同じくらい細くなっていたらふとももが細くなっていたとしても感覚的には細くは感じられない。

体重も同じで、目標の体重になったとしても、顔も腕もお腹もお尻も脚も理想の形、理想の細さになる事なんてありません。

だから数字を目安に自分の感覚を大切にする。

そうするとより具体的な目標になるし、やる事も明確になります。

それが来まったら適度に適切な筋トレを始めましょう。

根本のセッションについてはこちらから

☆★Instagram・Twitter再開しました★☆

ダイエットやボディメイクの事、普段考えていること、ブログになる前の考えなどをを更新しています。

Instagram【@mslabo_nemoto】
https://www.instagram.com/mslabo_nemoto/

Twitter【@mslabo_nemoto】
https://twitter.com/mslabo_nemoto/

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 加圧トレーニング&リンパケアサロンM's Laboを主催。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。