パーソナルトレーニングで絶対にトレーニングしないといけないわけではありません

パーソナルトレーニングと聞くと〝トレーニング〟と言葉が入っているだけでハードルが高くなるようです。

ジムでマシーンを使って、ダンベルを使ってなどのイメージが強いからだとは思いますが、重りを使わない事も多々あります。

実際自分の重さ(体重)をコントロールできるようになることから始めるのでしばらくは重りは必要ありません。

特に出張セッションは

直接家に伺ったり、事務所、職場に直接伺う時などは体を整えるを求められる事が多いです。

ちょっとした痛みや動く範囲の制限、左右差を揃えるなどはトレーニングをしなくてもストレッチやリンパケアなど体を整える事で改善していきます。

動くこと(トレーニング)を使う理由はその動きを習慣づけてほしい時や強化が必要な時です。

だから〝ただ単純にキツイ事〟をするのがパーソナルトレーニングの時間ではなく、その時々の状況に合わせた事をするのがパーソナルトレーニングだと思っていただけると嬉しいです。

動きたくない時もご相談くださいね。

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 加圧トレーニング&リンパケアサロンM's Laboを主催。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。