綺麗に歩く

人間にとって毎日する動き「歩く」

綺麗に歩けるようになると、脚のラインが綺麗になります。
外反母趾や腿やふくらはぎの外側の張りを改善するための基本になります。

チェックするポイントは簡単で
◯足幅は足二つぶんの間を歩く
◯つま先と膝の向きが常に同じ方向を向いている
です。

特に二つ目のつま先と膝の向きは鏡を見ると分かりやすく、後ろ足が蹴る時にガニ股のように膝が外に割れてしまう方がとても多いです。

これは小指側で蹴るか、親指の外反母趾になる所(母指球より内側)で蹴っているからでこれを正しい位置に戻して癖付けてあげるだけでも歩き方も変わり脚の形も変わってきます。

とっても当たり前のことですが、トレーニングやケアでいくら脚をまっすぐにしても歩く時の癖が抜けていなければ痛みもスタイルも整いません。

自分のちょっとした癖を見直して綺麗に歩いて見ませんか?

根本のパーソナルトレーニングについてはこちらから

☆★Instagram・Twitter再開しました★☆

ダイエットやボディメイクの事、普段考えていること、ブログになる前の考えなどをを更新しています。

Instagram【@mslabo_nemoto】
https://www.instagram.com/mslabo_nemoto/

Twitter【@mslabo_nemoto】
https://twitter.com/mslabo_nemoto/

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 加圧トレーニング&リンパケアサロンM's Laboを主催。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。