肩の痛みがあるけど痛い方向にストレッチしてもいいの?

東京(五反田/蔵前/北千住)でパーソナルトレーニングを提供している根本です。

今日のお客様との会話の中で出てきた質問。

肩を回したり、ストレッチのマシーンを使ったり、違和感がある方に引っぱったり

顔をしかめながら行っていたので話しかけてみました。

痛みが出る方向に動かした方が楽になる気もするけど、動かすと痛い。

動かした方がいいのか、動かさない方がいいのかわからないと言うことでした。

何も判断ができない状態なら、痛い部分を痛い方向には動かさないことをおすすめします。

動かすなら、、、

例えば肩が痛いとしても曲げる動き)前ならえ)するのは大丈夫だけど、回す動き(手を横に広げて肘を90度に曲げた状態で親指を後ろに引く)をすると痛い。

座って膝を曲げるのは平気だけど、しゃがむように膝を曲げると痛いとか。

同じ関節でも痛みが出る方向や動きと痛みが出ない方向や動きがあると思います。

私は医者ではないので痛みやけがに対して診断や治療はできませんが、リハビリのように動かしてもらったり、動きの補助をすることで痛みを緩和することは出来ます。

フィットネスクラブに来ている方は特に動かないことへの恐怖心がある方が多いです。

だから痛みがあるから休むが心理的に難しい方もいます。

それなら全く動かないではなく、痛みが出ない方向に動かす。

そうすることで痛みがあった動きが痛みなく出来るようになることも多いです。

肩こり、腰痛、ひざ痛など

痛みをだましながら動いている方も多いですが、痛みをごまかさず向きあっていくことで健康的に動けるようになります。

少し向きあってみましょう。

今日はお外にお出かけしてもいい子にしてたみたいです。

早く会いたいな(^^)

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。