【熱中症体験】室内でも気をつけないと

東京でパーソナルトレーナーをしている根本将英(ねもとまさひで)です。

一昨日の夜から昨日一日多分熱中症でした。

とりあえず辛かった

39.0℃の熱と吐き気、腹痛、頭痛

とりあえず辛かったです

そんな状態なので昨日は、夜落ち着いてからやっとおかゆを食べました。

日本救急医学会「熱中症診療ガイドライン2015」
http://www.jaam.jp/html/info/2015/pdf/info-20150413.pdf

知っていても当人がなるとできることは限られますよね。

適度な睡眠時間の確保。

栄養をしっかりとる。

部屋を適温にする。

予防できる所から手をつけていきましょう。

今日はもう元気です!


犬は人間以上に熱中所になりやすいので、室温や水分補給、夕方の散歩の地面の温度など気をつけないとですね。

特にフレンチブルドッグは短頭種で気道が狭く呼吸がしずらいため熱が体に残りやすいです。

熱中症は予防できるものなので人間も犬も予防のための知識をつけて夏を快適に過ごしましょう。

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。