運動が続かない人が運動習慣を身につける方法

歩くのが身体にいいのはわかっているけど、天気やその日の気分、体調など言い訳を作ってしまい続けることができない。

どうすれば続けることができるのか。

結論から言うと

続けるための目的を作る

もしくは

人の力をかりるのどちらかです。

「何のために?」「どのような方法で?」を明確に

ウォーキングをすると身体に良さそうなイメージはありますよね。

実際に

◯足腰の強化

◯心肺機能の向上

◯血流など体液の循環が良くなる

◯同じテンポで歩くことで自律神経を整える

などたくさんの身体に良い効果があります。



でも、そんなことはわかっているけど続きません。


その理由は、自分が欲しい効果が実際にやっていることで得られているのか

が明確になっていないからです。

なんとなくウォーキングをしていても痩せないですよね。


やる理由が曖昧なことが続かないのは当たり前で

痩せるための選択がウォーキングなら

心拍数で強度を決めたり、時間あたりに歩く距離を決めるなど数字を使って管理をする必要があります。


ダイエットのための運動強度

ダイエットが目的(脂肪燃焼)の有酸素運動として行うなら

最大心拍数の65%を目安にその心拍数に上がるくらいの強度が必要です。

計算してみると

最大心拍数=220-年齢

40歳の方は220-40で180

これに65%の負荷をかけると

180×0.65=117

目標の心拍数は117拍/1分になります。

心拍数の測り方はての力を抜いた状態で手首に触れ、脈を測ってみましょう。

10秒間測ってそれに6をかけると1分間の心拍数になります。

※歩き始める前に一度図る場所を確認したら5分歩いたら一度測ってみましょう

この心拍数を目安に1日20分歩くとなるとただ歩くだけではなく、心拍数を気にしながら歩くことで歩くペースや時間も決まり運動を続けやすくなります。

最終手段は人に管理してもらう

何回もダイエットを繰り返している方、自分に甘いとわかっている方、周りの情報に惑わされてしまう方は人に管理してもらうことをお勧めします。

私のお客様でも、自分で管理が難しい方や習慣付く前の方には毎日食事や運動の状況をLINEで送ってもらいそれに対してアドバイスをしています。

自分で自分の管理ができるのが理想ですが、かなりハードルが高いことではあるので人の力を借りることが確実に習慣づけるためには一番です。

まとめ

まずはやる事の目的を明確にして取り組んでみましょう。


運動効果を感じられると、運動を続ける習慣がつきやすいです。


それが難しい方や運動効果を得られない方は人に管理してもらう


それが運動を習慣付けて続ける秘訣になります。

根本のサービス一覧

パーソナルダイエット

以下三つのサポートでストレスのない減量ダイエットレをしていきましょう。

①日常のストレスを緩和する呼吸&ストレッチエクササイズ

②脂肪燃焼しやすい身体を作る筋力トレーニング

③毎日のLINEを使った食事管理&悩み相談

メールでも可能です。

主に体の不調や体型の変化が気になってくる40代女性を中心に提供しています。

パーソナルトレーニング

プロ野球選手を目指す小学生から変形性膝関節症手術後の運動機能低下を防ぐ87歳の女性まで、個人の目的・体型・生活習慣・体組成・体力要素に合わせたマンツーマントレーニングです。

 

アスリートサポート

学生スポーツやアマチュアスポーツ選手専用のプランを用意しています。

身体面からスポーツパフォーマンスを上げたい方はご連絡ください。

キッズトレ

毎月第一土曜日

10:0010:40  2,3

11:0011:40 年少〜年長

様々な運動を通して、成長を助ける事をモットー「安心して動ける場所」を作っています。