ダイエットって聞いたらどんなことをイメージしますか?

ダイエット、ヨガ、腹式呼吸など今、健康に関心がない方でも一度は耳にしたことがある言葉には、それぞれのイメージがあると思います。

 

ヨガをするとキレイになれる♪

ヨガって体が柔らかくなきゃできないんじゃないの?

ダイエットってきついんでしょ?

腹式呼吸をするとお腹が凹む♪

お腹に空気を入れるなんて意識してもできないし!

みたいな感じで。

 

特に悪いイメージや辛い、厳しいイメージしかない方はいいことだったとしても取り組みにくいと思います。

ダイエットって本当にきついの?

初めの話に戻りますが、あなたの中のダイエットのイメージってどんな感じでしょうか?

厳しい食事制限

今食べているものを180°変えないといけない

お菓子とか食べたら怒られる

絶対自炊じゃないとダメ

最近ダイエットを目的にパーソナルトレーニングを始めたお客様はこんなイメージを持っていました。

このイメージのまま始めてしまうと、それをしないと痩せないと焦って、痩せない自分を勝手に追い込んで行ってしまいます。

でもダイエットって、痩せるために短期間、食事を変えることじゃなくて、一生続ける食事の基盤を作る期間なんです。

だから、ダイエットのイメージをまずは変えてみましょう。

基本何かの食品を単品で食べることもなければ、絶対に食べてはいけないものもないし、外食禁止なんてありえません。

健康になるための食事

それがダイエットに直結します。

炭水化物、脂質、たんぱく質、ビタミン、ミネラル

どれも必要だし、どれも摂り過ぎれば不必要になる。

結局昨日書いたように、体のことは個人差があるので一言では言えませんが、

いい姿勢ってどんな姿勢?と自然体

2018.04.20

極端なことはする必要はないことは確かです。

誰にでもお伝えしているポイントは

炭水化物を抜かないこと。

お肉、魚、大豆製品のどれかは必ず毎食入れること。

清涼飲料水や砂糖をたくさん入れたコーヒーはやめること。

まずはこの3つから

気軽に参加できるストレッチケア教室@葛飾 堀切菖蒲園
http://nemoto-masahide.com/school-stretch

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期や多忙なビジネスウーマンを対象に出張トレーニングを実施。 女性特有の悩みをトレーナーの目線から解決に導く。