自分の体をコントロールする感覚が楽しい

こんにちは。パーソナルトレーナーの根本です。

 

今日は仕事中ではなく息子と遊んでいた時に気づいた、ふとした事とお客様が話していた内容がつながった話。

 

普段からお客様にはトレーニングは力を出したり、筋肉をつけたり、汗を書いたりすることだけが目的ではなく普段自分が行なっている行動時に体をコントロールできる様になるためのエクササイズを中心に行なっていると伝えています。

 

その中で、あるお客様が子供を抱っこする時に手首も肩も腰も膝も右側だけとっても疲れていたのが、片側に重り(普段の生活では子供)があっても両足を支える様練習をしていったら、膝や腰だけではなく肩や手首への負担も軽くなったと言っていました。

私も今日は抱っこ時間が長かったのですが、その話を聞いてから意識的にその使い方をするとやはり体はとても楽になりました。

 

プロのスポーツ選手でも会社経営者でも子育て中のママパパでも、トレーニングを受けていただいたり、自主トレをしている時間よりも睡眠を含む日常生活を送っている時間の方が長いですよね。

 

その時間をいかにコントロールされた体で過ごすかが自分の体のコンディションを管理するためには必要不可欠な能力です。

 

無意識で行っていた癖を意識的に修正して、それが無意識にできる様になる

 

無意識で行なっていた「体にとって不具合な癖」を修正していくことで、肩こりも腰痛もスポーツ時の修正したい癖も整っていく。

そんな経験をしてもらえるトレーニングセッションを提供しています。

 

グループレッスンでは「ベーシックな体の動かし方」を中心にお伝えしています

生き息エクササイズ教室@墨田

関連記事

  1. 好き嫌いと必要・不必要

  2. 肩こりを改善するのは…

  3. 進める方向への声がけを

  4. 動きすぎと動かなすぎと

  5. 運動が嫌いな人は、運動の種類や強度を変えたからって好きにはな…

  6. 筋トレをして体が硬くなった気がするのは気のせい?