歩く・走る前に確認すること

ウォーキングやジョギングを始める前に必ずした方がいいことがあります。

それは、靴の形を確認することです。

靴が変形しているなら、運動する前に必ず靴を変えましょう。

足の変形を改善しても、靴が変形していたら意味がない

外から見てもわかるくらいかかとの外側が削れていたり、扁平足で履き口の部分が内に広がっていたり、前から見ると靴がねじれていたり

靴の変形が起きているということは、足自体の機能に問題があり、扁平足やハイアーチ、外反母趾、開帳足などの機能的な変形(筋肉のバランスや関節のズレなどによる変形)を起こしている可能性があります。

その変形を直すことは、自分では難しいですが、靴の状態を見て変えることは誰にでも出来ます。

自分の靴を見て、かかとの減り具合、履き口・アッパーやシューレスホールの変形が大きくあるようでしたら靴を買い換えてからゆっくりウォーキングを始めていきましょう。

靴のそれぞれの部分の名前(初めて聞いた名前もありますよね)

人間が歩く中で地面と接している部分が足です。

さらに外側で足を守っているのが靴です。

足や靴の変形を知り、直すことで膝や股関節のケガ予防、ヒップアップやO脚X脚の改善にも繋がります。

健康的にウォーキングやジョギングを続けていくためにもご自身の靴のチェックから始めてみませんか?