まめな面倒くさがりは痩せやすい

「面倒だから後回しでいいや」と「面倒だから先にやっておこう」

面倒くさがりを真に受ける前に話を聞いてみる

うちの妻は自称めんどくさがりで、

面倒だけど、なくなる前にストックを入れ替える

面倒だけど、明日の献立も考えながら今日のご飯を作る

面倒だけど、携帯の充電がなくなる前に充電をする

これらの面倒くさいはどれも先を見越していて、例えば、おむつが10個ストックしておける入れ物があって、私は使い切るまでは補充しなくていいやと思ってしまうのですが、妻は隙間ができると気づいたときには補充します。

面倒だから、今日のご飯はコンビニで買おう

面倒だから、洗濯は回すのは明日でいいや

面倒だから、最後の一つが無くなってから補充しよう

これらの面倒は後回しでいいやの面倒くさいです。

ダイエットに向いているのはまめな面倒くさがり

前者と後者どちらがダイエットに成功しやすいかは明らかですよね。

ダイエットのポイントは毎日続けられることをコツコツ続けることです。

運動と食事の内容を、自分が変えられる範囲の中で理想的な生活習慣に近いところを見つけて取り入れていく。

習慣になれば面倒くさいとも思わず、食後に歯を磨く位、当たり前のことになります。

ただ、それが難しいからほとんどの方は痩せる前に終わってしまうか痩せる→リバウンド→痩せる→リバウンドを繰り返します。

パーソナルトレーニングでは、私と連絡を取りながら強制力がある中で無理なく生活に落とし込んでもらえるのですが、自己流で行う方の場合、まめな面倒くさがり(先のことを考えて動ける方)はダイエットが成功しますが本当に面倒くさがり(後回しに考えてしまう方)は失敗に終わることが多いです。

大人になってから、面倒くさがりを変えるのは難しいですが、先にやっておくことで、後でやる面倒くささがなくなると言う、『まめな面倒くさがり』を意識する事は出来ます。

ダイエットすることが目標の方もダイエットのことだけではなく普段の生活から考え方を変えることでダイエットの成功確率が高まるのでぜひ一度試してみましょう。

【サービス】

一人ひとりに合わせて体を変える方法を伝えていくパーソナルトレーニングです。

一緒にダイエット習慣を身につけていきましょう。

パーソナルトレーニングについて