#30 子供の教室開催と個人差

今日は2歳前後の子供たちの運動教室を開きました。

みんなよく話を聞いて、お母さんお父さんと一緒にたくさん動いてくれました。

この年代は本当に個人差が大きく、その個人差は悪い物ではなく人それぞれ環境によって得意不得意な事がわかれます。

歩くのが綺麗な子がいれば、連続ジャンプが得意な子、風船。投げたり取ったりが上手な子

それぞれ得意なところと苦手なところがあって、苦手なところはただそれをやる環境にいなかったから「まだ」出来ていないだけという事がほとんどです。

そのため、教室では40分という短い時期の中で出来るだけ多くの刺激を入れる運動を取り入れながら子供達が楽しく動けるようにしています。

最初と最後の挨拶では姿勢も声の出し方も目の輝きも変わったみなさん。

今回はご参加いただきありがとうございました。

次回以降の予定