#42 力を入れる練習からやってみる

筋トレやストレッチをする時に力を入れる練習からやってみましょう。

特に腹筋や股関節まわりの筋肉は意識的に力を入れない限り、正確に使う事は難しいです。

みなさんが気になる部位の


お腹・ウエストまわり

お尻・脚


この2部位をきれいにするためにはお腹ならその部分、脚なら正しい使い方ができるように付け根周りの股関節の筋肉を使えるようになることがいちばんの近道です。

シンプルな動きが多いですが、正確に動いてみてください。

きれいなウエストや美脚への近道は地味なトレーニングです。

#35 【動画】股関節周りのストレッチと体幹トレーニングで体をまっすぐに整えよう

こんばんは。

今週も日曜日21時からインスタライブをしました。

https://www.instagram.com/trainer_nemoto/

テーマはタイトルの通り

昨日の記事で痛みが出ない範囲で全身を大きくストレッチをするとひざや腰の痛みやこわばりは改善しますよと言いましたがその実践として一例やってみました。

参考までに。

歩く・走る前に確認すること

ウォーキングやジョギングを始める前に必ずした方がいいことがあります。

それは、靴の形を確認することです。

靴が変形しているなら、運動する前に必ず靴を変えましょう。

足の変形を改善しても、靴が変形していたら意味がない

外から見てもわかるくらいかかとの外側が削れていたり、扁平足で履き口の部分が内に広がっていたり、前から見ると靴がねじれていたり

靴の変形が起きているということは、足自体の機能に問題があり、扁平足やハイアーチ、外反母趾、開帳足などの機能的な変形(筋肉のバランスや関節のズレなどによる変形)を起こしている可能性があります。

その変形を直すことは、自分では難しいですが、靴の状態を見て変えることは誰にでも出来ます。

自分の靴を見て、かかとの減り具合、履き口・アッパーやシューレスホールの変形が大きくあるようでしたら靴を買い換えてからゆっくりウォーキングを始めていきましょう。

靴のそれぞれの部分の名前(初めて聞いた名前もありますよね)

人間が歩く中で地面と接している部分が足です。

さらに外側で足を守っているのが靴です。

足や靴の変形を知り、直すことで膝や股関節のケガ予防、ヒップアップやO脚X脚の改善にも繋がります。

健康的にウォーキングやジョギングを続けていくためにもご自身の靴のチェックから始めてみませんか?

外に出れない今だからこそ出来る運動を見つけて、生活習慣を見直そう

こんにちは。パーソナルトレーナーの根本将英(まさひで)です。

朝日新聞のカーブスの広告で見た「健康二次被害」という言葉

動かない事で起こるものの代表としてよく出てくるエコノミークラス症候群(静脈血栓寒栓症)や糖尿病や高血圧など生活習慣病の悪化

それらの原因として運動不足が考えられます。

今までは出退勤や昼食を食べに外に出たり、休みの日は外出したり

意識的に運動をしなくても、体を動かすことはできていました。

でも、テレワークが多くなり外出自粛が広まっている今の状況では無意識にでも行なっていた運動ができない状況になっています。

この状況で外に出る事をお勧めすることは出来ませんが、家の中で出来ることはたくさんあります。

自主的な運動では不安な方へ

私が今提供できることは、以下になります。

YouTube

1分間でできる簡単なエクササイズを紹介しています。

Instagram

毎週火曜日、土曜日の21:00〜簡単に行えるストレッチやエクササイズをインスタライブで紹介しています。

オンラインレッスン

zoomを使った定員5名の少人数オンラインレッスンです。(1レッスン2,000円)

毎週決まった時間に行っているので、運動習慣を身に付けたい方におすすめです。

テレワークが中心のこの時期に、正しい運動習慣をつけて健康的な生活習慣を身につけていきましょう。