基礎代謝と活動代謝とDIT

どうも、こんにちは。パーソナルトレーナーのねもとまさひでです。

今回はダイエットをする上で一度は考えたい

1日の生活の中でエネルギーを消費する量。

みなさんが1日の中で消費するエネルギーの種類は基礎代謝量、身体活動量、食事誘発性熱産生(DIT)の3つになります。

この3つを合わせた量が1日に消費するエネルギー量(カロリー)になります。

それぞれについて言葉の整理をしていきますね。

この記事を読んでほしい方

・基礎代謝量、活動代謝量、食事誘発性熱産生(DIT)について知りたい

・健康になるための情報が欲しい

基礎代謝量とは

1日何もしなくても消費するカロリーみたいなイメージですよね。

少し詳しく言うと

生命を維持するために必要最小限のエネルギー量

になります。

基礎代謝量の分だけ食事でカロリーを取ると言う方は、いつも生きるか死ぬかギリギリの栄養しか取れていないと言うことになるので体へのストレスも多くダイエットに関して言うとマイナスだし健康面で言ってもマイナスなのでいいことはないです。。。

そして筋肉が増えれば基礎代謝も上がると思われていますが、関係するのは筋肉だけではなく体全体になりますので体重が重ければ増えるし、体重が軽いと減ります。

ダイエットをして体重が減った時、基礎代謝も減ったとショックを受ける方も多いですがそれは自然なことです。

食事誘発性熱産生(DIT)とは

食事をした後に体が暖かく感じることはありませんか?

それは食事をすると、食べたものを消化-吸収する時にその一部が体熱となって消費されます。

消費する量は食べたものや食べた量によって変わりますが、食べたものに関しては約10%(糖質のみ6%、脂質のみ4%、タンパク質のみ30%ですが通常の食事ではその混合なので10%程度になります)が消費されます。

例えば食事の総摂取エネルギーが700kcalだとしたら70kcal消費されると言う計算になります。

一番大切な身体活動量とは

基礎代謝量は体重、DITは食事量・内容の影響を受けるのですぐに変えることや大幅に変えることは難しいです。


ただこの3つの中でも身体活動量は誰でも変えることは可能です。

身体活動量というと歩いたり、走ったり、筋トレしたりの運動量をイメージする方も多いと思いますが、ここでは2種類に分けて説明します。

1つはみなさんが想像する「運動」です。

もう1つは仕事や家事など生活の中での活動量です。

運動で言うと、当たり前ですが「高い強度で」「長時間」行うほど消費エネルギー量は増します。


日常生活も同じで、座っているよりも立っている。

立っているよりも歩いている方が消費エネルギーは増します。


運動を8時間するのは難しいですが、仕事を8時間することはありますよね?

その仕事の時のエネルギー消費を含めて24時間の中での活動量の合計が身体活動量になります。

まとめ

今回は言葉の整理のみですが

基礎代謝量やDITは変えることは難しいけど

活動代謝量は意識すれば明日からでも変えられると言うのをわかってもらえると嬉しいです。


3時間も4時間も座りっぱなしの方はぜひ1時間おきにトイレに行くでもいいので立つ時間を作ってみてください。


身体も暖まるし、肩こりや腰痛も緩和しますよ。

根本のサービス一覧

パーソナルダイエット

以下三つのサポートでストレスのない減量ダイエットレをしていきましょう。

①日常のストレスを緩和する呼吸&ストレッチエクササイズ

②脂肪燃焼しやすい身体を作る筋力トレーニング

③毎日のLINEを使った食事管理&悩み相談

メールでも可能です。

主に体の不調や体型の変化が気になってくる40代女性を中心に提供しています。

パーソナルトレーニング

プロ野球選手を目指す小学生から変形性膝関節症手術後の運動機能低下を防ぐ87歳の女性まで、個人の目的・体型・生活習慣・体組成・体力要素に合わせたマンツーマントレーニングです。

 

アスリートサポート

学生スポーツやアマチュアスポーツ選手専用のプランを用意しています。

身体面からスポーツパフォーマンスを上げたい方はご連絡ください。

キッズトレ

毎月第一土曜日

10:0010:40  2,3

11:0011:40 年少〜年長

様々な運動を通して、成長を助ける事をモットー「安心して動ける場所」を作っています。