筋トレをして体が硬くなった気がするのは気のせい?

港区・品川区で筋力トレーニング(加圧トレーニング)とストレッチを組み合わせて疲れにくく美しい体を作るパーソナルトレーニングを提供している根本です。

今日のタイトルと関係する事で、
はじめに筋トレとストレッチを組み合わせてと書いたのですが、根本は基本的に筋トレとストレッチは同じ部類の運動と考えています。

特に高強度のトレーニングを必要としない目標の方に対してはウォーミングアップは特になく、クールダウンも心拍数が上がったり、筋肉の張りが強い場合のみで

トレーニングで始まりトレーニングで終わります。

そんなトレーニングセッションですが、受けて頂いている方で始めるよりも体が硬くなった方はいません。

「筋トレ=体が硬くなる」イメージ

トレーニングと言うと重い物を持って全身力む様に力一杯動かすイメージが強いと思います。

そして力を入れる=固める=硬くなる

ような気がしてしまいますが違います。

そもそもそんなに重いものを持つ必要がある方は本当に一握りの方だし、筋トレ自体の目的は

重いものを楽にあげる事

なので、逆にそう言う方々は全身で力む様な持ち上げ方はしません。

適切な力を出す事でその重さに対して適切な力が伝わります。

また適切な可動域で動く事でより筋肉への刺激が入る事もわかっているので、体が硬くなることはありません。

この適切なの部分が相当ズレていない限りは筋トレをして筋肉が硬くなることはないです。

またはじめに言ったクールダウンをやらない理由も筋トレで筋肉を適切に動かしてあげれば、体が柔らかくなり、体液循環もよくなるのではじめる前よりも調子がよくなるためです。

適切な筋トレをして、適切に休んで、適切に栄養をとる。

この3つが出来ていれば体も柔らかくなるし、引き締まるし、動きやすくなるし、疲れにくくもなる。

適切にやってれば筋トレの効果って自然に出て来るものですよ。

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期の女性や男女問わず多忙な方を対象に出張トレーニングを実施。 女性特有の悩みやそれぞれに合った問題解決方法をトレーナーの目線から導いていきます。加圧トレーニングインストラクター