肩をすくめる癖があって、何をするにも肩に力が入ってしまうのですが抜く方法はありますか?

今日はセッション中の質問から。

Q:肩をすくめる癖があって、何をするにも肩に力が入ってしまうのですが抜く方法はありますか?

A:以前の記事

肩がもこってしてるのが気になるのですが、改善できますか?

2018.06.17

で答えた通りなのですが、今日はセッション中だったので実際に動いてもらいながら改善していきました。

体をうまく使えないと、ある部分だけ過剰に発達する。

質問であったように肩をすくめる癖があると、例えば手をあげるような動作でも、

肩をすくめる筋肉に先に力が入り固めてしまうため手がうまく持ち上がりません。

肩こり改善① 詳しくはブログへ #肩こり #エクササイズ #ばんざい

根本将英さん(@trainer_nemoto)がシェアした投稿 –

いわゆる猫背にもなりやすいし、猫背で頭が前に出る事で余計に肩をすくめる筋肉が使われてしまいます。

猫背で頭が出た状態を常に続けていると、肩をすくめる筋肉は常に働いています。

筋肉ってたくさん働いている所は肥大して大きくなるんです。

だから、今日のお客様の様に首が埋まりそうなくらい肩に力が入ってしまうのです。

改善方法

改善するためには癖付いた動きを変えていく必要があります。

今日の方の場合

動きの起点を肩甲骨が肋骨の上を滑るところから意識してもらうために以下のエクササイズをすると楽に手が上がる様になりました。

行ったことは簡単で四つんばいの状態で手の真上に肩を乗せてもらい、その乗った感覚を持ちながら左右前後に動いてもらう。

肩こり改善② 詳しくはブログへ #肩こり #エクササイズ

根本将英さん(@trainer_nemoto)がシェアした投稿 –


ポイントは掌に体重を感じ続けてもらうこと。

他にも色々ポイントはあるけど、まずはそこを意識してみてください。

普段体重がかかることがない腕に重りがかかることで普段感じない肋骨や肩甲骨周りの筋肉も働いているのを感じられると思います。

ご質問は

こちらから。
Q&Aがブログネタになるので何か質問などありましたらお問い合わせからどうぞ。

ABOUTこの記事をかいた人

根本将英

【フィットネストレーナー】 ご自宅から出る事が難しい産後時期の女性や男女問わず多忙な方を対象に出張トレーニングを実施。 女性特有の悩みやそれぞれに合った問題解決方法をトレーナーの目線から導いていきます。加圧トレーニングインストラクター