自分のことは自分が一番わかるは間違いではないけど、客観的に見られる指標を作る必要がある

夕方のスカイツリー

どうも、こんにちは。パーソナルトレーナーのねもとまさひでです。

今日は自分の身体を見るときは客観的に見られる指標を作るといい

というお話です。

自分の身体は自分が一番わかると思っている人ほど自分の身体のことはわかっていません。

調子がいいのか悪いのかですら、わからないことが多いのでぜひ客観的にも見られるようになってより自分の身体のことが知れるようになりましょう。

簡単に出来る客観的な指標

自分で手軽に毎日測れて管理もしやすいのが脈拍血圧です。

脈拍の測り方は前の記事を参考にしてください

血圧の上下や脈拍の上昇はストレスや疲労が溜まっている指標になります。

毎朝基本同じタイミングで測って記録しておきましょう。

主観的な指標も記録しておく

◯寝つきがいいか


◯疲れが翌日まで残っているか


◯調子悪いところはないか(胃が重い、頭が痛い、肩こりがある、浮腫んでいる目が重い、喉が痛いなど)

など自分の体調を自分でどのように感じたかと言うのも心拍数や血圧と一緒にメモしておくと客観的な数字と主観的に見た自分の身体のつながりがわかり

より自分の身体の管理が簡単になります。

こんな感じで簡単にでいいので毎日記録していきましょう。

根本のサービス一覧

パーソナルダイエット

以下三つのサポートでストレスのない減量ダイエットレをしていきましょう。

①日常のストレスを緩和する呼吸&ストレッチエクササイズ

②脂肪燃焼しやすい身体を作る筋力トレーニング

③毎日のLINEを使った食事管理&悩み相談

メールでも可能です。

主に体の不調や体型の変化が気になってくる40代女性を中心に提供しています。

パーソナルトレーニング

プロ野球選手を目指す小学生から変形性膝関節症手術後の運動機能低下を防ぐ87歳の女性まで、個人の目的・体型・生活習慣・体組成・体力要素に合わせたマンツーマントレーニングです。

 

アスリートサポート

学生スポーツやアマチュアスポーツ選手専用のプランを用意しています。

身体面からスポーツパフォーマンスを上げたい方はご連絡ください。

キッズトレ

毎月第一土曜日

10:0010:40  2,3

11:0011:40 年少〜年長

様々な運動を通して、成長を助ける事をモットー「安心して動ける場所」を作っています。